​Profile

​西美紀 Miki Nishi
Artist 陶芸・絵画

長﨑県出身・在住

陶芸家・画家

 



幼少の頃より
陶芸・絵画に親しむ

画集を絵本に、絵付けは3歳の頃からおこなう


広島市立大学芸術学部油絵専攻卒

(大学では油絵・絵画の古典技法、写実などを主に学ぶ)


2014年頃より全国各地
ギャラリー、百貨店などで
個展、グループ展開催

《詳細略》

陶芸をメインに、ひとつひとつ手作業、手描きの作品を制作

こだわりの技法で制作

そして

陶芸に、こだわらず幅広い素材でART表現をしている

 

今までした仕事

陶芸、絵画、デザイン、イラスト、染色など​

Concept

ひとつひとつ何度も窯に入れて 生み出される陶芸作品

何処か懐かしい幻想的な絵柄や、旅や心象風景、夢、自然賛歌をモチーフに制作

​溢れ出る

インスピレーションとイメージ

心に染み渡る土物の味わい

独自の感性や感覚の絵や色

西美紀の様々な世界を表現した

一点物の作品たちです

■陶芸をメイン・陶芸の生地素地をキャンバスに見立て絵画のイメージで陶器制作

紙やキャンバスに描いた絵画も制作

最近では染色も始める。

私の庭の草木を使って染めた草木染めのストールに手描の絵を入れARTストール

 

様々な素材にアート表現をおこなう

(私のメインの陶土の作品は、なかなか手間とトレが悪く、効率が悪いのと、ダメになる確率が高く、大変ではあるけれども、それでもやはり陶芸の味わいと面白さがあるので、この技法を使っています。何度も窯に入れ焼成をしています。

磁器は少なめです。)

 ●タレント・ミュージシャンなど 何人かの方にも お声がけいただき、催し物に参加 本やネットなどで ご紹介いただきました。

 

■陶芸に関して・様々な伝統技法をオリジナルの作品に消化させた両親に幼少より学ぶ。

(伊万里・有田など)

最近ではオリジナルの絵付けの上にガラスを入れ込む陶ガラス改め陶ビードロ(どちらも西美紀の造語)の技法も生まれ、 さらに幻想的さが増しました。

 

■絵画に関して・大学の最終ゼミは上皇上皇后両陛下の肖像画を描かれた野田弘志先生の 野田ゼミで写実を学ぶ

■油絵は中学生の頃より両親に学ぶ。高校の頃には彫刻家の先生により彫刻、デッサン、油彩、デザインなど学ぶ。

 

IMG_3841.JPG.jpg